1. TOP
  2. コンパクトツールCTグリップで磨き用ポリッシャーハンドルを調整

コンパクトツールCTグリップで磨き用ポリッシャーハンドルを調整

 2016/08/04 コーティング,磨き エアーツール  
コンパクトツールCTグリップ

自動車磨きポリッシュ作業で使うポリッシャー。
最近流行りの角度を付けれるグリップのご紹介です。

ポリッシャーに標準装備されているストレートタイプのグリップに比べこちらのグリップは角度を付けることにより作業性や操作性が向上します。

Sponsored Link

コンパクトツール CT GRIP(シーティーグリップ)

IMG_06231

先ずは商品取付けビフォー

矢印部分のグリップが標準仕様になります。
こちらのグリップを今回ご紹介のCTグリップに変更します。

 

 

 

IMG_06301

アフター
CTグリップ取り付け後です。

では詳しく商品説明行ってみましょう!

IMG_0617

おなじみエアーツールメーカーのコンパクトツール

 

 

 

IMG_0620

CTグリップセット。

 

 

 

IMG_0622

箱の中身です。

セット内容
ブラケット/プレート/ボールジョイント/Lレンチ(3mm)×1個/ 六角ボルト(M10×20)/スプリングワッシャー/取付け説明書
対応製品(コンパクトツール製品)
電動ポリッシャー:C-150N / C-201 / P-150N / G150N / エアーポリッシャー:725

 

 

 

ミニポリッシャーへ取付け

IMG_0630
こちらのミニポリッシャーはコンパクトツール製エアーポリッシャー725です。
カタログ表記上は低速アングルポリッシャー725ですが当店はミニポリッシャーとして使用してます。

ミニポリでもOK!色剥ぎサンダーとしてもOK!とメーカーさんもどちらも推奨しております。

 

 

 

伸びるグリップ

コンパクトツールCTグリップ

こちらのグリップは伸縮調整幅が70mmの範囲で調整可能となってます。

可動域の範囲でお好きな長さで調整して使うことが出来ます。

 

 

 

グリップ角度

IMG_06270

赤丸の可動部分にボールジョイントが組み込まれておりアームの角度が40°の範囲で動きます。

こちらも好きな角度で調整出来る嬉しい装備。

 

 

 

左利き用に・・・

ミニポリ左利き用

こちらのエアーポリッシャー725はご覧のように、ぐるりとハンドル位置を変えることが出来ます。

グリップを右側に持っていくことで左利き仕様になります。
(当店は左利きのスタッフさんが居るので重宝しております)

IMG_06371

矢印の部分が回転しますのでグリップは取り外す必要がありません。

 

 

 

標準ポリッシャーへ取付け

IMG_0631

こちらは良く使うスタンダードタイプの大きさのポリッシャーです。
RYOBI(リョービ)PE-1400に取り付けてみました。

 

 

 

IMG_0633

グリップを伸ばすとご覧んの感じ。
こちらのポリッシャーはグリップのネジ穴が左右に付いているので右利き左利き共に使用可能です。

 

 

 

取付け可能ネジ穴サイズ

IMG_0624

グリップ取り付け時の重要ポイント!!!

  • ネジ山のピッチは1.5
  • M10
  • ボルトの頭は17mm

お手持ちのポリッシャーのネジ山のピッチだけはご確認くださいね!

 

 

 

IMG_0635

こちらは付属するボルトです。
上記で説明したボルト(左)と右の黒い六角穴ボルト(8mm)の2種類。

どちらもM10でネジ山ピッチは1.5です。

左はネジ穴が短く右はネジ穴が長いので使用するポリッシャーのネジ穴の奥行きを確認しましょう!
(詳しくは取説にも書いてあります)

もう一度言いますネジ山ピッチは1.5です!
1.5以外のネジ山のポリッシャーをお使いの方はホームセンターなどでネジを探しましょう!

 

 

 

カタログ

CCI20160724_00002

カタログです。

 

 

 

CCI20160724_00004

こちらの画像だけメーカーHPからPDFファイルとしてダウンロードできます。

 

 

 

取付け方の説明書

CTGRIP

こちらも画像として載せておきます。
取付けイメージを参考にしてみてください。

 

 

 

【動画】ミニポリとCTグリップ

当店の現場で使っているところを撮影してみました。
(作業者は左利きです)

 

 

まとめ

グリップ位置を可動域の範囲内で好きな位置に調整できるので磨き作業がやりやすくなりました。
またストレートグリップだとドアミラーやパネル形状によってはグリップを持つ手が当って磨きにくい時がありましたのでそのような障害物も避けれるメリットがあります。

例えですがオートバイでサーキット走行をする時にバーハンドルでコーナーを攻めるかセパレートハンドルでコーナーを攻めるかでコーナーでの姿勢や安定感が違うと思います。
疲れ方や風の抵抗でスピードタイムも違ってくると思います。
そんな例えです・・・(バイクなので例えが分からない方にはすみません)

こちらの商品も売れ筋で初期ロッドが直ぐに完売したそうですので気になるあなたは最寄りの販売店さんへご連絡を!

 

コンパクトツール CTグリップ

 

低速アングルポリッシャー725


 

\ SNSでシェアしよう! /

Y'sボディーブログ|自動車鈑金塗装専門店の注目記事を受け取ろう

コンパクトツールCTグリップ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Y'sボディーブログ|自動車鈑金塗装専門店の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

店主

店主

この道20年・自動車鈑金塗装専門店、代表小林が記事を書いてます。

他の関連記事も見てみる

  • 車の磨き道具とは?鈑金塗装店で使ってるアイテムのご紹介!

  • 埼玉精機U-113ベルトサンダーがおすすめ!アーム取替機能付き

  • ルペス サイクロン集塵ユニットでパテ粉を吸塵!

  • 【G&T】ミニポリッシャーU-83P-GTで小面積の車磨き!

  • 【G&T】冷却式ダブルアクション!バンパー修理偏 !

  • エアーツールオイルの使い方と故障の原因!