1. TOP
  2. 入庫率No.1!左側の内輪差による巻き込みでぶつけたクルマの修理!

入庫率No.1!左側の内輪差による巻き込みでぶつけたクルマの修理!

スプレーフィラー研ぎ

クルマをぶつけてしまった!こすってしまった!
1番多い修理のご依頼はタイトルにも書いたように内輪差による左側の損傷です。

どうしても運転席から死角になりやすく距離感も1番遠いのでちょっとした不注意でハッ!っとしたことがある方も多いはず・・・

そんな修理の1例ですが今回もザッとご紹介します。
※全ての修理工程ではなく1部を抜粋してのご紹介です。

Sponsored Link

スズキ・DA64V・エブリィワゴン

エブリィワゴン板金塗装

ごらんのような損害です。
今回は塀に擦ってしまた損傷です。
矢印のマーカーをクルマに貼り付けて損害が分かりやすく写真を撮ります。

 

 

 

損害の確認

img_1680

損害の写真は入庫したクルマ全車撮ってます。
これはスタッフさんにも徹底させてます。
これによりキズやヘコミの見落としが減ります。

どこがどれだけ損傷しているかも最初の時点でちゃんと分かるようになります。
見積もりを作るときにもモレが無いように防止できます。

付け加えて!もしもリピート修理になったときにも写真があればその時の状況が確認できます。
ちなみに10年間営業してますが修理したクルマほぼ全て画像に収めてPCに保管しています。

 

 

 

img_1682

意外と損傷がひどいクォーターパネル・・・

修理か交換か迷うケースですが今回は修理を選択させて頂きました。
クォーターパネル交換とその詳細はこちらの関連記事からご覧いただけます。

 

 

 

img_1686

スライドドアのレールにもキズが付いてます。

 

 

 

img_1683

損害はリヤバンパーに貼ってある矢印の箇所が終点です。

走行中の損害ですのでキズがはじまる最初の地点~最終地点をしっかりと確認します。

 

 

 

交換部品

img_3786

左のスライドドアは取替。
(もちろん色は付いていません)

部品価格:¥38,400- (税抜)

 

 

 

img_3795

リヤバンパー取替。
(塗装済みのバンパーでの部品供給です)

部品価格:¥30,200- (税抜)

 

 

 

img_3805

タイヤも側部に損傷があったので再利用は危険と判断して取替の選択をさせて頂きました。

※その他、細かな交換部品のご紹介は省かせて頂きます。

 

 

 

鈑金修理

img_1727

当店の工場長(弟子)が鈑金を担当!

画像は鈑金後です。
鈑金後のむきだしの鉄板にはエポキシプライマーを塗布します。
(今回はプライマーの画像は御座いません)

 

 

 

img_1725

損傷的には全体的に薄っすらと広範囲の塑性変形(そせいへんけい)です。
軽自動車は鉄板が薄いので輸入車や普通車に比べ難易度が1番高いです。

そうです!難しい~んです・・・(悩)

ですので損傷が激しいと、ほとんどの確率で交換になってしまいます。

 

 

 

img_1726

このような鈑金作業はテクニックや根気がいる作業ですので他の仕事をストップしてもらい、この作業だけに集中してもらいます。

基本素人では出来ない高度な技術です。

弟子いわく、この技術を当店のブログで発見して当店に入社したいきっかけになったと言ってました(感動)
それに徐々に近づいている実感はあるのか無いのか分かりませんが魅力を感じてもらえる仕事って素晴らしいッス!!!

※ですので若者の目標を壊さないように技術の安売りはヤメましょう!

 

 

 

パテ研ぎ

スプレーパテ

エポキシプライマー⇒パテ⇒スプレーフィラーと作業を進めていきます。
スプレーフィラー研ぎ

こちらが最終仕上げのスプレーフィラーを研いでいるところです。

 

 

 

スライドドア仮合わせ

スライドドア仮合わせ

鈑金後やパテ研ぎ後の隙間の確認を行うために何度かスライドドアを仮合わせします。
今回は3回、仮合わせ作業を行いました。

この作業も少なからず工賃が発生します。
ですが10回も仮合わせしたから10回分の工賃を計上することはありません。

常識の範囲内でお客さんの負担にならない最低限を計上をさせて頂いています。

 

 

 

サフェーサー塗装

img_1792

スプレーフィラーの次は中塗りのサフェーサーを塗装します。

パテの上に上塗り塗装は出来ません。
このようなサフェーサーで壁を作ってあげることでパテへの塗装の吸い込みなどを押え塗装することが出来ます。

そしてこの後サフェーサーを研いで上塗り塗装するパネルを足付け処理。

ボディーカラーの調色作業も平行して進めます。

 

 

 

マスキング

img_1794

下地処理を終えるとマスキング作業!

塗装する範囲以外に塗料が付着しないようにマスキングをします。

 

 

 

img_1795

そして塗装!

 

 

 

img_1798

合わせてスライドドアとフロントドアを塗装しました。

フロントドアはスライドドアを取り替えたためにボカシ塗装をしました。

 

 

 

ホイール修理

汎用品ホイール修理塗装

損傷のあったホイールも修理です。

この後サフェーサー塗装です。

こちらのホイールはよくあるタイヤとセットで販売されているような安価なホイールです。
生産終了になっている物が多くこの様なタイプのホイールでしたら修理塗装が可能です。

ホイール修理塗装・参考価格
約¥15,000+材料代=約20,000

 

 

 

ホイール塗装

汎用品ホイール修理塗装

塗りあがったホイールです。
綺麗になりました(喜)

 

 

 

完成!

img_1824

組み付け・ポリッシュ作業・最終チェックをして完成!

クォーターパネルに工場長の黄色いN-ONEが写り込んでいます。
パネルが黄色い訳では御座いません。

 

 

 

img_1826

当店の一生懸命。

※広範囲や損傷によってはパネルに少なからず微妙なヒズミが残ります。

今回はしっかりとした修理内容ですので部品代だけでも約9万ほどかかってます。
車種やグレード、部品価格にもよりますが側面修理で部品と工賃を入れた合計だと約20~30万が相場になります。

 

\ SNSでシェアしよう! /

Y'sボディーブログの注目記事を受け取ろう

スプレーフィラー研ぎ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Y'sボディーブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

店主

店主

この道20年・自動車鈑金塗装専門店、代表小林が記事を書いてます。

関連記事

  • クォーターパネル取替!修復歴有り(事故車) 買い替えを考える方も多くいます。

  • 【画像集】自動車事故車を直す設備!Spanesi(スパネージ)イタリア製ジグ式フレーム修正機を使った固定画像!

  • 愛車が事故で追突された!全損になった!修理して乗りたくない!そんな時に役立つかもしれない!事故車買取りサイトのご紹介!