1. TOP
  2. 自動車鈑金で使う水冷式スポット溶接機のラジエター液の交換方法

自動車鈑金で使う水冷式スポット溶接機のラジエター液の交換方法

 2017/01/04 設備,工具  
スポット溶接機

スポット溶接機は鈑金塗装業の設備でも高価な機械になります。

平均250万前後の価格帯が一般的です。
H21年に導入以来、今回はじめての(H28年)ラジエター液の取替をしました(汗)

ではスポット溶接機のラジエター液の交換作業を見てみましょう!

Sponsored Link

エイワ製スポット溶接機の場合

※当店で使用してる株式会社 栄和製作所  オメガテック で説明します。
現行モデルとはスペックや装備が異なります。

まずはカバーがプラスネジで止まっているので外します。

 

 

 

サイドカバー取り外し

メインは横のサイドカバーです。

青丸の箇所にラジエター液が入っているタンクがあります。

ハイスペックモデルはラジエターが搭載されてますが当店のモデルはタンクからホースへ循環式になってます。

 

 

 

給油口のアクセス

こちらの蝶ネジを取り外すと・・・

 

 

 

白く見えるのが給油口のフタです。

ネジ式になってます。

 

 

 

ドレンボルトの位置

タンク下にドレンボルトがあります。

こちらはカバーを外さなくても下をのぞけば発見できます!

 

 

 

レベルゲージ

こちらがレベルゲージです。

ラジエター液がどれくらいタンクに入っているか確認出来ます。

※長年取り替えてないので黒い虫かゴミか分かりませんが混入してます・・・(悲)

 

 

 

ラジエター液を抜きます

ドレンボルトをクニペックス プライヤーレンチでゆるめ・・・

 

 

 

ジャ~~~~!

長年変えてないので液が臭いっす(。>﹏<。)

 

 

 

ラジエター液が汚く臭かったので何度か水を入れ循環させます。
そして水を抜いて綺麗になるまで繰り返します。

こちらは3回目くらい循環させた液になります。
計5回やりました。

 

 

 

新品ラジエター液を入れます

綺麗になったら新品のラジエター液を給油口から入れます。

ちなみにフレーム修正機のピットを使って液を抜く作業をしました。
下にバケツを置くスペースがあります!

 

 

 

ラジエター液 交換完了

ラジエター液は約10リットル入ります。
レベルゲージで確認します。

ロングライフクーラントを入れて交換完了です!

 

 

 

まとめ

H21年に導入してはじめてラジエター液を交換しました。
約8年交換しなかった理由は販売店からの指示や説明が無い。

購入時に定期的にこのメンテはやってくださいと言われてない・・・
そして無知な自分も原因・・・???
これをキッカケに説明書を読んでみましたが2年ごとにラジエター液の全量を交換してくださいと記載されてました。

では!なんで交換したかた言うとたまたまスポット溶接機のラジエター液の交換をマメにやっている工場があると聞いたのがキッカケとなりました。

高価な設備投資をしても販売店側がメンテのやり方のアドバイスやその後のアフターフォローをしてくれますか?
(やってるところもあるので誤解の無いように)


 

\ SNSでシェアしよう! /

Y'sボディーブログ|自動車鈑金塗装専門店の注目記事を受け取ろう

スポット溶接機

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Y'sボディーブログ|自動車鈑金塗装専門店の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

店主

店主

この道20年・自動車鈑金塗装専門店、代表小林が記事を書いてます。

他の関連記事も見てみる

  • イタリアUSAG(ウーザック)ローラーキャビネット!

  • 車の磨き道具とは?鈑金塗装店で使ってるアイテムのご紹介!

  • 鈑金塗装の教科書THEパーフェクトマニュアル 鈑金・塗装・見積り

  • 【バケツスペシャル】マニアックな業務用2重層バケツ

  • 【G&T】RYOBIシングルポリッシャーPE-1400をカスタム

  • 自動車板金塗装の技術を図解で学べる書籍のご紹介