1. TOP
  2. SK11 昇降式ローラーシート SRS-103B で疲れを軽減

SK11 昇降式ローラーシート SRS-103B で疲れを軽減

 2017/01/27 設備,工具  
SK-11 作業用椅子

中腰で作業すると疲れませんか?

自動車整備、自動車板金塗装、バイク整備、またDIYで愛車をメンテする時に楽な姿勢で作業できるイスのご紹介です!

このタイプのイスは作業用椅子・作業用チェアー・ワークチェアー・クリーパーシートと呼ばれています。

こちらのSK11(藤原産業株式会社)から発売されているローラーシートはカスダンパー式で上下に昇降(しょうこう)します。

またシート部分は360°回転しベースとなるキャスターは5個付いており丈夫な設計となってます。

パーツトレーに工具を置けますので作業効率が上がります。

Sponsored Link

SK11 昇降式ローラーシート SRS-103B

SRS-103B

IT大好きブロガー店主はインターネットショッピングで購入!

こちらの箱に入って商品が届きました!

早速組み立ててみましょう!

 

 

 

セット内容

SK11 作業チェアー

こちらの3点を組み立てます。

  1. ベーストレーセット
  2. ガスダンパー
  3. シート

 

 

 

組立方法

まずはじめにベーストレーセットの13mmのナットを増し締めします。

 

 

 

増し締め

ギュッと!

意外とゆるいナットがありました。

しっかり締めます。

 

 

 

キャスター5個で安心

キャスターが5個搭載!

耐荷重は約100Kgです!

 

 

 

ベアリング式キャスターですので座りながらの移動もスムーズです。

増し締めの次は・・・

 

 

 

差し込むだけで

ベーストレーセットにガスダンパーをしっかり差し込みます。

圧入式です。

そして・・・

 

 

 

完成!

ガスダンパーにシートをしっかり差し込みます。

こちらも圧入式ですので最後にイスに座り体重をかけ、しっかりと差し込まれているか確認してください。

外れないか確認ができれば完成!

超簡単に組み立てる事ができます!

仕様
  • 本体サイズ:幅約385mm×奥行約385mm×高さ約400mm~510mm
  • シートサイズ:約Φ300mm×高さ約40mm
  • 本体重量:約5.1Kg
  • 耐荷重:約100Kg

 

 

 

使用風景

画像は当店の若手工場長ですが普段のワークでうまく活用してます。

実は工場長!身体が硬いんです(。>﹏<。)

 

 

 

一定の位置で鈑金修理するときには中腰になるよりも作業用チェアーを使うことでかなり疲れを軽減してくれます。

 

 

 

【動画】昇降式ローラーシート

レバーでシートが上下します。
5個付きのタイヤですので移動もスムーズ♪

シートは360°回転します。
ベースはパーツトレーになってますので作業に応じて工具を置けます。



 

\ SNSでシェアしよう! /

Y'sボディーブログの注目記事を受け取ろう

SK-11 作業用椅子

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Y'sボディーブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

店主

店主

この道20年・自動車鈑金塗装専門店、代表小林が記事を書いてます。

関連記事

  • 【バケツスペシャル】マニアックな業務用2重層バケツ

  • 静岡製機 業務用 赤外線ジェットヒーター!快暖児(かいだんじ)

  • 自動車鈑金で使う水冷式スポット溶接機のラジエター液の交換方法

  • 電動ドリルは高張力鋼板のスポット溶接はがしに役立ちます

  • Spanesi(スパネージ)イタリア製フレーム修正機の固定画像

  • コンパクトツールCTグリップで磨き用ポリッシャーハンドルを調整