1. TOP
  2. 【ホンダ】GEフィット、ドアトリム(内張り)取り外し方

【ホンダ】GEフィット、ドアトリム(内張り)取り外し方

 2016/07/10 脱着分解  
GEフィット

HONDA GE FIT。

運転席の内張り(ドアトリム)の取り外し方をご紹介します。

ネジの箇所を確認

IMG_93671
運転席のドアトリム。
赤丸の2つの箇所にネジがあります。
上のインナーハンドルは見れば分かりますのでプラスのネジを外します。

そしてインナーハンドルを矢印の方向へスライドさせます。
下のネジはカバーに隠れていて見えません。

 

 

 

インナーハンドルの取り外し方

img_2

こちらはインナーハンドルのツメ部分。
トリム取り外し後の画像ですがこの様にスライドさせないと外れません。
無理に外そうとするとツメが折れますのでご注意を!

 

 

 

カバーの取り外し方

img_3

もう1つのネジかカバーで隠れているのです。
矢印のツメを押しながら手前にカバーを引きます。
外れたら手前に引き最後は左にスライドさせると簡単に取り外すことが出来ます。

※樹脂の内張り剥がし工具を使い支点になる箇所は表面保護テープなどで養生しておくと安心です。
意外と簡単に外れます。

 

 

 

隠れているネジ

img_4

こちらがカバーを外した箇所にあるもう1つのプラスネジ。
PH2サイズのプラスドライバーでOK!

 

 

 

カプラー取り外し

img_5

内張りを取り外す前に矢印の方向へツメを押しがながらパワーウインドウのハーネスを取り外します。

 

 

 

トリムを手前に引く

img_6

ネジとカプラが外れたら手前にバキバキっと引くとトリムが外れます。
意外と硬い場合があるので冬場の温度が低い時にはトリム全体をヒーターなどで温めてから取ると簡単に取り外す事ができます。

※樹脂パーツは冷たいと割れやすいですので良く温めましょう!

 

 

 

注意点!

img_7

最後に上へ内張りを上げながら外すのですが赤丸の箇所に内張りの角が接触をしてキズが着く可能性があるので表面保護テープ(青いテープ)を貼っておきます。

慣れている方だと上手く取り外せますが慣れていない方だと結構キズ付けます。
たまにこの箇所にキズがある車両を見かけます。

っと!こんな感じのフィットのトリム取り外し情報でした!
取付けは逆手順でOK!です。

\ SNSでシェアしよう! /

Y'sボディーブログの注目記事を受け取ろう

GEフィット

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Y'sボディーブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

店主

店主

この道20年・自動車鈑金塗装専門店、代表小林が記事を書いてます。

関連記事

  • 【ホンダ】Nスラッシュ(N/) リヤバンパー取り外し方

  • 【トヨタ】NSP130・135 ヴィッツ リヤバンパー取り外し方

  • 【ダイハツ】 LA610S タント サイドステップ取り外し方

  • 【スズキ】ZD72S スイフトRS リヤバンパー取り外し方

  • 【ダイハツ】 LA610S タント フロントバンパー取り外し方

  • 【ダイハツ】LA610S タントカスタム ヘッドライト取り外し方