保険修理 鈑金塗装

長野県千曲市の自動車事故修理専門店が行う保険修理の一例

事故車修理の損傷診断

【長野県千曲市雨宮にあるY’sボディー自動車鈑金塗装専門店から配信中】

代表 小林
車を運転中に相手の車にぶつけてしまった!またはぶつけられてしまった!

長年カーライフをエンジョイしていると経験がある方も多いはず・・・(僕もあります・・・)

この記事では車をぶつけられてしまった修理事例をご紹介しています。

加害者さん側の任意保険(対物賠償)での対応で100:0の過失割合です。(ハイラックスサーフのオーナーさんには過失がありません)

当店は鈑金塗装専門店なので事故修理を最も得意としています。

ここで重要なのは事故による損傷がどこまで波及しているのか?

これが超重要な仕事になります。

当店が行っている損傷診断の考え方と修理完成後画像、そして最後に修理代をホームページへリンクしてあるページに記載してます。

それでは見ていきましょう!

損傷診断が超重要!

TOYOTA RZN215 ハイラックスサーフ 事故での保険修理

▲正面から相手の車とぶつかった損傷です。

オーナーさんに分かる範囲で事故の状況や相手の車等をお聞きします。

そのデーターを元に損傷診断を行い波及がどこまで達しているかの最終到達地点を探していきます。


TOYOTA RZN215 ハイラックスサーフ 事故での保険修理

▲正面からやや左よりのダメージ。


TOYOTA RZN215 ハイラックスサーフ 事故での保険修理

▲ボンネットとフェンダーの隙間が開いています。(ボンネットロックは開いています)

TOYOTA RZN215 ハイラックスサーフ 事故での保険修理

▲運転席側は隙間が狭くなっていますね。


TOYOTA RZN215 ハイラックスサーフ 事故での保険修理

▲分かりづらいですがボンネットの先端部分にも損傷があります。


TOYOTA RZN215 ハイラックスサーフ 事故での保険修理

▲若干の折れとエッジの部分に塗装の剥がれ。

細かいと思われるかもしれませんがこれが超重要な損傷診断です。

事故と因果関係がある箇所は画像と見積りがあれば保険請求が可能です。

TOYOTA RZN215 ハイラックスサーフ 事故での保険修理

▲グリル部分。


TOYOTA RZN215 ハイラックスサーフ 事故での保険修理

▲メッキの部分にシワがよってます。


自動車保険修理の損傷診断

▲左側のウィンカーレンズです。

ここまでが外観の損傷診断になります。

では内部はどうなっているのか???

▲ボンネットを開けた裏側。


▲ボンネットをロックする部分が曲がっています。

▲ボンネットを開けた内部の損傷はフロントバンパーやヘッドライトを取外して確認です。

自動車保険修理の損傷診断

▲エネルギーアブソーバーやリーンホースに損傷有り。

自動車保険修理の損傷診断

▲左側がメインかと思っても右側にも損傷が有りました。


自動車保険修理の損傷診断

▲部品を外して内部を確認しないと分かりませんね。

▲フードロックステーは目視で曲がりが確認できます。

▲こちらも同様に確認できますね。

▲フェンダーの取付部です。

このあたりは外板パネルと内板パネルの剛性を考えた上で損傷を見極めていきます。(柔らかいパネルと硬いパネル)

▲左ヘッドライト。

自動車保険修理の損傷診断

▲裏側に割れ有り。

▲右ヘッドライト。

▲画像では分かりづらいですが事故のときに干渉したキズがあります。

▲車のパネル類はスプリングバックと言って一度損傷を受けた部位は元に戻る力が発生するので干渉キズ等良く確認が必要です。

▲分かりづらくてすみませんが干渉キズです。

自動車保険修理の損傷診断

▲ヘッドライトを外してもっと奥側のパネルも確認していきます。

自動車保険修理の損傷診断

▲ステーが押されボルト部分に力が集中するのでステーを外したらヘコミが有りました。

自動車保険修理の損傷診断

▲左フェンダー先端の取り付けステーがくの字に曲がってます。

車の構造は衝撃を吸収するパネルと受け止めるパネルが有るのでそれを見極めながら損傷を確認します。

っと同時に修理計画も立てていきます。

▲こちらはエアコンパイプの曲がり。

▲角度を変えて撮影をし保険会社さんが確認しやすい写真を撮り提出します。

※当店はデジタル一眼レフカメラで撮影しています。

代表 小林
簡単に説明しましたがこの他にも専門的な損傷診断も行っています。

このように損傷診断を行い最終的にどこまで損傷が波及しているのか見極めていくのがプロの仕事になります。

損傷診断も修理の仕上がりと一緒で修理工場や担当者によって天と地の差が有るのであなたの信頼できる修理工場へ依頼しましょう。

また損傷診断の専門家と言われている保険会社の担当者さんもしっかり診断出来る方から超適当な方まで幅が広いのでそのへんもお忘れなく・・・

「あれっ!ここも事故のときのヘコミだよ!っと言われないようにね!」

損をするのは修理を依頼するオーナーさんですから・・・

 

修理中の仮合わせ作業も超重要!

▲ボディーリペアワークで難しい作業となるのがこの部品の仮合わせ作業。

部品取付部が正常な位置でないと部品をまともな位置に取り付ける事が出来ません。

たまにボルト穴を延長したり広げたりしてある車を見かけませんか???

▲部品が取り付く骨格部位を正常な寸法へ修正したら新品部品を慎重に取り付けて隙間や建て付けを確認します。

▲この時点でダメな部分は修正を繰り返し行います。

▲隙間や建て付けがOKであれば再度部品を外し塗装作業へ移行します。

ではここからは修理工程の紹介は省いて完成後の画像を見ていきましょう!

修理完成

▲修理が完成です!

▲オーナーさんが大切にしている愛車です。

事故をする前よりも綺麗になったっと喜んでもらえました。

いつもY’sボディーを選んでいただきありがとう御座います。

 

まとめ

代表 小林
当店は入庫の半分以上が保険を使った事故修理です。

現在はスマートフォンの普及やSNSからの情報発信で仕事の中身を見てもらうことが出来る時代です!

自動車鈑金塗装専門店としてあなたのお役に立てるように小さな修理から大きな修理まで安心してお見積りもお任せください。

※修理代と修理期間はホームページに記載してます。

⇒修理代のページはこちら

-保険修理, 鈑金塗装
-

© 2020 Y’sボディーブログ|長野県千曲市の自動車鈑金塗装専門店