1. TOP
  2. 【G&T】冷却式ダブルアクションポリッシャーU-55GT

【G&T】冷却式ダブルアクションポリッシャーU-55GT

U-55GT 磨きポリッシャー

株式会社G&Tから発売されてるエアータイプの[冷却式]ダブルアクションポリッシャー。
軽量(1.5Kg)ながらハイパワー!
ポリッシュ作業のバフ目・オーロラマーク処理から肌調整サンディングまで幅広く使える万能ポリッシャーです!

【主な特徴をまとめてみました】

  • 塗装面のサンディングやコーティングの下地磨き。
  • 塗装後の塗膜の磨きやオーロラマークの除去。
  • オービットダイヤ10mmで高トルク。
  • 電動タイプに比べエアータイプは軽量設計(1.5Kg)で低重心!作業中の疲れを軽減!
  • 冷却システムでターゲット面を冷やしながら作業が可能!
それではダブルアクションポリッシャーU-55GTのご紹介!
行ってみましょう!

Sponsored Link

冷却式ダブルアクションポリッシャーU-55GT

G&T冷却式ダブルアクションポリッシャーU-55GT

U-55gt ポリッシャー 

【G&T】U-55GT 冷却式ダブルアクションポリッシャー
  • 型番 U-55GT
  • パットサイズ(mm) Φ110⇒Φ123
  • 無負荷回転数(rpm) 9000
  • オービットダイヤ(mm) 10
  • 空気消費量(L/min) 350
  • パットねじ径(mm) 5/16-24UNF
  • 口金寸法(PT) 1/4PT
  • 重量(Kg) 1.5
  • 全長(mm) 330
  • 高さ(mm) 95
  • 騒音(dBA) 83

 

 

 

グリップ部

グリップ部分です。

上部はスリットが入り下部は指で握りやすいグリップ構造になってます。

 

 

 

スイング式レギュレーター

スイング式レギュレーター

作業時の回転を安定させる為にエアー量を固定できるスイング式レギュレーターを採用。
片手でも楽々作業が可能!

 

 

 

ロータリーソケット

スイベルソケット

レギュレーター式ロータリーソケット

スイベルタイプのユニバーサルジョイントなのでエアーホースの取り回しが楽になり手元でも回転量を調整できます。

 

 

 

冷却式

ダブルアクションポリッシャー冷却システム

パット上部に搭載されているこちらのホース。

下向きに穴が空いています。

 

 

 

冷却エアホースの下部の穴よりエアーが放出され研磨面の温度が10℃以上下がります。

 

 

 

計5個の穴が空いており約270°の外周範囲にエアーが出ます。
これによりターゲット面を冷却する仕組みになってます。

 

 

 

ヘッド上部には

フェルト採用ポリッシャー

冬場のエアーツールはエアーの通り道が非常に冷たくなり素手では大変です!
そんな悩みを解決するのがこちら!

ヘッド上部は通常金属面ですがフェルト生地を貼り付けておりエアーの通り道でもあるヘッド部分が冷たくなるのを防止する役割をしてます。

さわり心地も良く作業時には非常に手に馴染みます。

 

 

 

付属のパット

U-55GTに付属しているこちらの125Φパット。

 

 

 

ペーパー貼り付け面。

 

 

 

こだわりのバフを作っているG&T社ですのでこちらのパットにもそのこだわりが搭載されています。

ゴムパットが二層になってまして、より塗膜面に対してダイレクトに回転力が伝わり研磨力がアップする優れた設計パットです。

ちなみにオービットダイヤの数字が多いほうが研磨力があります。
5mmよりも⇒10mmの方が研磨力が高い。

 

 

 

ご覧の125Φのペーパーを取り付ける事ができます。

近年の薄い外板パネルにはこちらのパットと冷却システムでよりよい作業を実現できます。

 

 

 

オイル・メンテナンス

エアーツールに指す油

エアーツールのメンテと言えばエアーツール専用オイルの注入です!

U-55GTのオイル注入はチョットだけコツが要ります。
何故かと言いますと冷却ホースにオイルが回ってしまうのでポリッシュ最中に塗装面にオイルが飛び散るといけません!

それを防ぐ方法の注油方法を詳しく説明します。

【エアーツール全般・メーカー推奨・オイルメンテ方法】

給油タイミング:使用前・または使用後

給油量:約3滴

※給油後はエアーツールを作動させオイルを機械内部に馴染ませてください。

 

 

 

こちらは付属の説明書。
<注油方法>が記載されてます。

 

 

 

<注油方法>
油を入れて機械を稼動する際、マフラー部品をはずして、梱包されている「フィルム」を筒状にして差し込み稼動させて油を出し切るようにしてください。

機械の使用後、エア給油口(カプラ部)よりスピンドル油を数滴入れ、機械を稼働させて馴染ませてください。

※給油した油や汚れが冷却ホースに回らないように。

 

 

 

(図1)です。

それでは実際の画像でご説明します。

 

 

 

こちらが給油するときに外すマフラーです。

 

 

 

ネジ式ですので指の力で簡単に取り外し可能です。

マフラーを外しました。

 

 

 

下向きの矢印方向の穴へ油が入ると冷却ホースへ流れ込む仕組みになってます。

 

 

 

それを防ぐためにこちらの付属フィルムを使います。

 

 

 

冷却式ホースの穴をフィルムで塞ぎます。

 

 

 

そしてエアー挿入口から油を注入して、稼動させよく油を出し切ってください。

このような手順でやればOKです!

 

 

 

【動画】U-55GT

稼動してる動画を撮ってみました。

 

 

 

磨き作業には

▼1例ですが磨き作業にはHS-ハードスペーサーや薄型圧縮スポンジ150W-Fを使います。

 

▼また拭き取りバフ150W-GFも併用して使うと大変作業効率があがります。

 

 

 

サンディングには

U-55GT 冷却式ダブルアクションサンダーサンディング偏

▲こちらの記事で詳しく説明してます▲

 

 

 

まとめ

1つ2役の冷却式ダブルアクションポリッシャーU-55GT!

シングルポリッシャーで磨いた後のオーロラマークの除去や簡単に艶を出したい時の磨き作業に最適です。

また塗装面のサンディングにも使えるので磨き以外の場面でも活躍します。

エアータイプは軽量ですので疲れにくく女性でも簡単に扱うことができます。

是非日頃の業務改善にご活用ください!

またメーカーさんと打ち合わせしながらお得な情報を追記していくのでフェイスブックページで更新情報をお届けします!

G&T製品ネットショッピング

▲G&T製品をネットで買うならこちらのロゴをクリック!▲
専門店が取り扱うショッピングサイトに移動します。

G&Tの商品はまだネットではあまり出回っていません。


 

\ SNSでシェアしよう! /

Y'sボディーブログ|自動車鈑金塗装専門店の注目記事を受け取ろう

U-55GT 磨きポリッシャー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Y'sボディーブログ|自動車鈑金塗装専門店の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

店主

店主

この道20年・自動車鈑金塗装専門店、代表小林が記事を書いてます。

コメント

  1. 鈴木 治 より:

    さきほどのエンドレスです。

  2. 店主 店主 より:

    鈴木さん、先程はお電話ありがとう御座いました。

    さっそくこちらからリンク貼らせて頂きます。

    自動車ボディ【艶ブラック鏡面磨き】愛知県岡崎市の板金塗装エンドレスさんのこだわりブログです⇒http://endless.boo-log.com/

コメントを残す

*