UV関連

UV硬化型パテ Glanz(グランツ)の使い方とまとめ

今注目の時間短縮ツール UV硬化型パテ 使用している道具や使い方までまとめました

▼UV硬化型パテGlanz(グランツ)の進化版!光硬化パテGranz neoが発売します!

UVパテ グランツネオ
【新登場】光硬化パテGranz neo(グランツ ネオ)UVパテ選びの参考に!

※発売まであともう少し!発売予定は7月中旬! 僕の地元、長野県小諸市の株式会社ラストホープ 丸藤社長が開発した【新登場】光硬化パテGranz neo!(グランツ ネオ) 株式会社ラストホープHPはこち ...

続きを見る

当店が使っている『㈱ラストホープ』UV硬化型パテGlanz(グランツ)をベースに使い方や使用道具等、色々とまとめてみました。

目次の見たい項目をクリックするとそこに飛びますのでご活用ください。

㈱ラストホープHPはこちら

UVパテとは

紫外線(UV)で硬化するパテの事を言います。

UVパテのメリット

  • 鈑金パテ・中間パテ・ポリパテ・ラッカーパテの変わりになるので1種類のUVパテがあれば大丈夫
  • スチレン等の溶剤を一切使用していない無溶剤タイプなので旧塗膜を侵しにくい
  • 紫外線を当てない限り硬化しないのでパテ付けを追求できる
  • 紫外線で硬化するので硬化剤が不要
  • 硬化時間が約30秒。その後直ぐに研磨可能
  • UV照射中に約5%収縮するが硬化後は100%収縮しない(パテ痩せしない)
  • 巣穴が空きにくい
  • パテの吸い込みがほぼ無い
  • 研磨性は2液性パテと同等または上
  • エポキシ系樹脂なので水分をほぼ通さない
  • パテベラ等の洗浄が不要
  • パテ痩せしないのでエンブレム等の穴埋めにも最適
  • ラストホープ製の照射機を使うことでパテの重ね付けを足付け無しで行える
  • トータル作業時間の短縮に貢献

UVパテのデメリット

  • 2液性パテと比べ価格が高い
  • 取り扱いが難しく感じる
  • 紫外線で硬化するので太陽の光を遮断する必要がある
  • プライマーを塗布する工程がある
  • パテが薄透明なので慣れが必要
  • 薄透明なのでパテを盛りすぎてしまう
  • 薄透明なのでパテのキワが見えづらい
  • UV照射機が必要
  • UV照射機が高価
  • 紫外線用保護面等の保護具が必要
  • 気温が低い時は温めて使う必要がある
  • 保管に気を使う
  • 広範囲の照射は腕が疲れる
  • ベタベタする

 

2液性パテとは

パテ(主剤)と硬化剤を混ぜて硬化させるパテの事を言います。

2液性パテのメリット

  • UVパテより価格が安い
  • 長い間、業界で使っているので慣れている
  • UVパテと違い硬化剤を混ぜることでパテが化学反応をおこし自然に固まってくれる
  • UVパテは透明だが2液性パテは色が付いているので分かりやすい
  • UVパテに比べパテのキワが分かりやすい

2液性パテのデメリット

  • 鈑金パテ・中間パテ・ポリパテ・バンパーパテ・ラッカーパテを揃える必要がある
  • スチレンフリーパテは扱いが難しい
  • 溶剤で旧塗膜を侵す恐れがある
  • パテ(主剤)と硬化剤が必要
  • 硬化時に高温の熱が発生する
  • 硬化前にパテ付けを行う必要がある
  • 硬化して余ったパテは破棄
  • 最短でも約10分~強制乾燥後に研磨可能
  • 完全硬化までに約2週間かかる
  • パテ痩せが起こる
  • 巣穴が空きやすい
  • 水分を通しやすい
  • パテベラを洗浄する必要がある

 

Glanz(グランツ)UVパテ EX-Ⅰ厚盛用

Glanz(グランツ)UVパテ EX-Ⅰ厚盛用

商品名 EX-Ⅰ 厚盛用
種別 標準 冬用
最大硬化深度 5mm
容量 2kg
硬化時間 約30秒

2液性パテに例えるとEX-Ⅰは鈑金パテ・中間パテ・ポリパテ・バンパーパテ・ラッカーパテの代わりに使えます。

紫外線で硬化できる最大膜厚が5mmとなっているため厚盛用と表記されています。

1回の照射で5mmまで盛れます。

 

Glanz(グランツ)UVパテ EX-ZERO 中間・仕上げ用

Glanz(グランツ)UVパテ EX-ZERO

商品名 EX-ZERO 中間・仕上げ用
種別 標準 冬用
最大硬化深度 3mm
容量 2kg
硬化時間 約30秒

※EX-Ⅰに色がついただけで性能は変わりません。

色がついていることでUV照射率が悪くなるので紫外線で硬化できる最大膜厚がが3mmまでとなっています。

薄透明だと作業している時に分かりづらいと言うユーザーの声から色つきがラインナップされています。

1回の照射で3mmまで盛れます。

 

UVプライマー EX-PX

UVプライマー EX-PX

商品名 UVプライマー EX-PX
容量 500ml
使用用途 UVパテの密着向上
使い方 ウエスまたは刷毛塗り(薄く)
乾燥時間 常温(25℃)約1分 UV照射30秒
  • UVパテを付ける前に塗るプライマー
  • UVパテを付ける前、全てに推奨
  • 塗布後はプライマーに入っている溶剤を抜くために常温で約1分置く
  • UV照射で強制的に溶剤を抜くことも出来るが常温で溶剤が抜けてしまえばUV照射は必要ない
  • パテをUV照射させる時に一緒にプライマーも硬化する
  • 溶剤が抜けた時点でプライマー効果が発揮される

※プライマーの厚塗りは避け、薄く塗る。プライマーに入っている溶剤を抜くことがUVパテが正常に密着する為の条件となる。

当方はラッカーパテのように巣穴を埋める使い方以外、全てにおいてプライマーを塗布しています。

 

ラストホープ製 UV照射機 UV-400-INV インバーター式

ラストホープ製 照射機 UV-400-INV インバーター式

【商品の詳細】

  • 入力電圧 AC100V 7.0[A]
  • 照射部と電源装置をそれぞれ独立、取り回しや取扱いしやすい。
  • 照射機重量が1kgと軽く、小型長時間の作業でもストレスがない。
  • 操作方法は電源スイッチをON・OFFだけ。
  • 電源投入後、約1分で安定照射。
  • 省エネ仕様、照射機本体に出力切替スイッチがついており、置台の上にあるステー によってスイッチがONされると、ランプの出力が半減します。
  • 遮熱フィルタ(コールドフィルタ)標準装着基材への熱の伝わりを抑制。
  • 最適な紫外線波長を出力弊社各製品に最適な波長を出力しているため、各製品の硬化時間を短縮・最適な密着が得られます。

 

【動画】ラストホープ製 UV照射機 UV-400-INV インバーター式

 

【おすすめ】デントワーカー製LED照射器

▼こちらで詳しく記事にしています。

コスパ抜群!デントワーカー製LED照射器!UVパテ導入を諦めていた人におすすめ!

UVパテを導入するのに照射器の価格が高価だからと言って導入を諦めていませんか? そんなあなたに朗報です☺ 現在、鈑金塗装業界で時間短縮ができるとして注目されているUVパテ。 今までの2液 ...

続きを見る

 

パテベラ

パテの撹拌や簡易的に塗る時に使っているパテベラです。

左がソフト(柔らかい) 右がハード(固い)

 

UVパテに最適なパテベラ

鈑金後のヘコミの形状にに合わせUVパテを塗る時にメインに使っているシリコンタイプのパテベラです。

使いやすいのでおすすめです。

▼詳しくはこちらの記事をご覧くだい。

ホワイトヘラL
「みつわホワイトヘラ」鈑金塗装で使うシリコンゴム素材のパテベラ

自動車鈑金塗装で使うシリコンゴム素材でできたホワイトパテベラのご紹介。 主にヘコミを鈑金した後のパテを付ける工程で使用します。 様々な車のボディー形状に合わせて使うのでいろいろな形のタイプを所有して使 ...

続きを見る

 

パテスケール(パテワイパー)

UVパテに使うパテスケール(パテワイパー)

パテスケールを色々と試していますが最も安価で使い勝手が良いのはホームセンターや文房具コーナーに売っている定規です。

僕はこちらの3種類の定規を使っています。

硬すぎず柔らかすぎず丁度いい定規をお選びください。

 

TRIスケール

 

この投稿をInstagramで見る

 

僕の手に持っているのが「UVパテ三種の神器」の1つ👍 静岡県浜松市の鳥居自動車さんのパテスケールです☺️ @t.toriichan 通称TRIパテスケール😚 なんちゃって😫 奥のアイテムは、 長野県小諸市のラストホープさん 光硬化パテ グランツネオ。 @lasthope_info それと愛知県豊川市 デントワーカーさん LED照射器。 @dentworker 同業者仲間の魂がこもったアイテムは「最高」の2文字がよく似合う。 全国各地のエンジニアが試行錯誤した良いアイテムをインターネットを通じて鈑金塗装業界へ広める。 全国で頑張っている全ての鈑金塗装職人の役に立ちたい。 みんなのその想いが行動→結果として現れているだけ。 そんな熱い仲間とSNSを通じて繋がれた僕はラッキーです🤝 固定観念をぶっ壊せ‼️ とにかく最高😫😫😫 頑張っている全ての鈑金塗装職人に幸あれ🖐 #鈑金塗装 #板金塗装 #パテスケール #uvパテ #led照射器

Y’sボディー 代表小林(@ysbody)がシェアした投稿 -

おすすめ 静岡県浜松市 鳥居自動車さん製、パテスケールです。

 

 

【動画】ラストホープ製 UV硬化型パテ グランツの研ぎ性能

 

保護具

理研オプティック FS-2100-UV

紫外線用保護面 理研オプテック FS2100UV

UVライトで目や皮膚を保護する紫外線カット用保護面です。

こちらの保護面は紫外線透過率0.0001%なのでとても優れています。

メーカー 理研オプティック
品番 FS2100UV
紫外線透過率 0.0001%
原産国 日本

【用途】

  • UVランプ使用作業
  • 紫外線塗装乾燥装置に
  • 殺菌灯使用作業所
  • ライン型UV照射装置に
created by Rinker
理研オプテック
¥7,549 (2020/11/24 12:48:13時点 Amazon調べ-詳細)

 

理研オプティック 前面 遮光プレート #8

理研オプティック 前面 遮光プレート #8

UVカット用保護面だけでは光が眩しいのでこちらの前面プレートで眩しさをカットします。

#8程度の遮光が推奨。

 

取り付け参考画像。

理研オプティック 前面プレート

 

タニタ キッチンタイマー

タニタ キッチンタイマー TD-384

UV照射の秒数を計るのに便利なタニタのキッチンタイマーを使用しています。

ストップウォッチでも秒数が計れれば何でもOK!

created by Rinker
タニタ(Tanita)
¥500 (2020/11/24 17:51:59時点 Amazon調べ-詳細)

 

UVパテ・照射機などの収納事例

KTCのツールカートに収納しています。

UVパテ以外の材料も入ってますがそこは気にしないでください。

 

引き出しに使いかけのUVパテとパテベラを入れていますが多少の隙間から太陽光が入るのでカートの置き場所によっては硬化が進むので、もっと良い保管方法が無いか考え中です。

 

太陽光を遮断できるこのようなツールケース内で保管したほうが良いかもしれません。

 

気温が低い場合は保温庫で温めて使う

UVパテを保温庫で温める

気温が低いときにはこちらの保温庫で温めて使うとパテが柔らかくなります。

4キロ缶が縦に2つ入ります。

保温庫はUVパテ以外にもシーリング材やクリヤーを温めて使っています。

超便利です♪

冬場や気温が低い時に重宝する「保温庫」寒い地域の当店はクリヤーを温めて使う事が必須!
冬場の冷えたクリヤーを温めるのに「保温庫」がおすすめ

冬場の寒い時期は塗料が硬くなりスプレーガンから気持ちの良いベストな排出ができなくなります。 原因は塗料の温度が低くなり粘度が上がり硬くなるから。 塗料は温めて使ったほうが伸びが良いのはご存知のはず! ...

続きを見る

 

▼UV硬化型パテGlanz(グランツ)の進化版!光硬化パテGranz neoが発売します!

UVパテ グランツネオ
【新登場】光硬化パテGranz neo(グランツ ネオ)UVパテ選びの参考に!

※発売まであともう少し!発売予定は7月中旬! 僕の地元、長野県小諸市の株式会社ラストホープ 丸藤社長が開発した【新登場】光硬化パテGranz neo!(グランツ ネオ) 株式会社ラストホープHPはこち ...

続きを見る

-UV関連

© 2020 Y’sボディーブログ|長野県千曲市の自動車鈑金塗装専門店