月刊Y’sボディー

マーケティング思考になってあなたの鈑金塗装の価値を提供しよう

経営者の仕事はマーケティング!マーケティング思考になり自社のサービスを価値提供しよう!

2019.月刊Y'sボディー9月号!

代表 小林
どうも!月刊Y’sボディー編集長の代表小林です!

今回は商売をやる上で最も重要なマーケティングの話。

マーケティングという言葉はどこかで耳にしたことがある人も多いはず。

でもマーケティングって何?

僕もそんな感じでした!

マーケティングを勉強していくと経営者こそマーケティングを勉強するべきだと強く認識することになります。

それではマーケティングについて一緒に理解を深めていきましょう!

マーケティングとは?

マーケティングとは、企業などの組織が行うあらゆる活動のうち、「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその価値を効果的に得られるようにする」ための概念である。
また顧客のニーズを解明し、顧客価値を生み出すための経営哲学、戦略、仕組み、プロセスを指す。

引用元:ウィキペディア

【これを鈑金塗装業に当てはめると】

  • カーオーナーが求める鈑金塗装サービスを作り、情報発信をして知ってもらい、カーオーナーが価値を得られること。

【それと僕たちが使っている設備、道具、材料屋さんにも当てはめると】

  • 鈑金塗装店が求める商品を作り、(または販売)情報発信をして知ってもらい、鈑金塗装店が品質向上、時間短縮、利益向上すること。

とらえ方は人それぞれ違ってきますが簡単に言うとこんな感じに解釈できます。

 

▼ようするに

  • ユーザーが買いたくなる商品やサービスを作りましょう!(顧客が求めるものを提供する)
  • 顧客が求める物を作っていかないと物が売れない
  • 売れるサービスを作る会社にしましょう
  • 自分目線ではだめ!顧客目線で考えなければマーケティングにはならない。

僕は技術が有る工場はマーケティングを身につければ仕事に困ることは無いと確信しています。

また設備材料系もユーザーが求める商品開発をできればあとは情報発信をして仕組み化していくだけです。

 

会社倒産の約7割が販売不振

「原因別倒産状況 中小企業庁2016年」によると会社倒産の約7割が販売不振というデーターがあります。

販売不振とは物やサービスが売れなくなることを指します。

当然、物やサービスが売れなくなれば売上、利益ともに減少します。

※販売不振にならない前にマーケティング思考になり価値提供することが利益向上の近道です。

 

なぜマーケティングが重要なのか?

  • 人口減少により現代は物やサービスが有り余っている。
  • いくら技術があってもマーケティングができないと仕事が来ない。
  • どのお店でも同じ価値だったらユーザーは1番安いお店を選ぶ。

なので何か特徴がある鈑金塗装店にしていかないとあなたのサービスが売れなくなるということが分かると思います。

 

経営者の仕事はマーケティングの仕組みを作ること

  1. 自社の得意を考える
  2. それをどうやって買ってもらえるか考える
  3. 情報発信して知ってもらう
  4. 問い合わせてもらう
  5. 満足してもらう
  6. リピートしてもらう

僕はこのサイクルを考え実践しています。

 

知ってもらうためにはインターネットの情報発信が最も適している

ホームページ、ブログ、SNSでお店の情報を発信してこのようなサービスがあるよ!できるよ!っと簡単に知ってもらうことができます。

情報発信で重要なポイント

理念や世界観が超重要

  • どんな思いで仕事をしているのか?
  • 当店はこんな素晴らしいサービスを提供している。

顧客目線での価値

  • 選ばれる理由
  • 専門性
  • ライバルとの違いは何か?(USP)

これをしっかり伝える!

 

まとめ

代表 小林
個人店こそマーケティングがやりやすいと僕は思います。

まずは情熱!

それをどうやってお客さんに伝えるか!

それが情報発信!

個人がインターネットで情報発信をしてマーケティングが出来る時代です。

この先、勝つか負けるかはあなたの行動次第です・・・(-_-;)

▲僕がマーケティングを学ぶきっかけになった書籍はこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-月刊Y’sボディー

Copyright© Y’sボディーブログ|長野県千曲市の自動車鈑金塗装専門店 , 2019 All Rights Reserved.