1. TOP
  2. 脱着分解
  3. SUBARU
  4. レガシィB4 BE5のフロントピラートリムパネルの取替

レガシィB4 BE5のフロントピラートリムパネルの取替

 2017/12/24 SUBARU  
レガシィB4 BE5 トミーカイラ入庫
代表小林

長野県千曲市雨宮のY’sボディー鈑金塗装専門店、代表小林です。

いつもY’sボディーをご利用いただきありがとう御座います。

ブログでも何度かご紹介させていただいておりますレガシィB4 BE5 トミーカイラ仕様です。

今回のご依頼はフロントピラーの内装側の白色のトリムパネルから黒色のトリムパネルに取替える作業です。

それでは見ていきましょう!

Sponsored Link

フロントピラートリムパネルの取替

▲フロントガラスとフロントドアガラスの間の骨格をピラーと呼びます。

オーナーさんのこだわりで元々付いている白色のパネルから黒色のパネルに取り替えます。

 

ピラーの名称

Aピラー Bピラー Cピラー 画像説明

▲ここでちょっと座学を!

普通車のピラーの呼び方はA、B、Cと分けて呼ぶ名称があります。

画像のようにフロント側から

  • Aピラー
  • Bピラー
  • Cピラー

っとなります。

画像の箇所と照らし合わせて見てください。

 

取替えるトリムパネル(白色)

フロントAピラートリムパネル レガシィ ベージュ

▲室内側です。

こちらが右のAピラーです。

取替えるトリムパネルです。

 

フロントAピラートリムパネル レガシィ ベージュ

▲こちらが左側です。

 

フロントAピラートリムパネル レガシィ ベージュ

▲取外しました。

 

取替後のトリムパネル(黒色)

フロントAピラートリムパネル レガシィ黒

▲そして黒色タイプのトリムパネルに交換しました。

純正部品のラインナップに黒色タイプがあります。

右フロントトリムパネル
部品番号:94010AE000ML

 

フロントAピラートリムパネル レガシィ黒

▲左側も交換完了!

左フロントトリムパネル
部品番号:94010AE10ML

黒色になり内装の一部が引き締まった印象になりました。

 

まとめ

代表小林

今回はオーナーさんのこだわりで白から黒へ変更です。

元々白色タイプが標準ですが黒色タイプがあることも下調べしていただきY’sボディーで部品を取り寄せて取付作業をさせていただきました。

また完成後にご帰宅いただいてからトリムのフチのモール部分のちょっとした隙間の手直しをご指摘くださりご迷惑もおかけしました。

 

↓ ホームページにもこんな記載をしております ↓

※納車後に不具合ございましたら必ずご連絡ください。
クレームをいただくことで今後の改善につなげていく考えです。

 

今回もY’sボディーをご利用いただきありがとう御座いましたm(_ _)m

PS:差し入れと工場長へのおもてなしもありがとう御座いましたm(_ _)m

▼こちらもレガシィB4トミーカイラの記事です。

\ SNSでシェアしよう! /

Y’sボディーブログ|長野県千曲市の自動車板金塗装専門店の注目記事を受け取ろう

レガシィB4 BE5 トミーカイラ入庫

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Y’sボディーブログ|長野県千曲市の自動車板金塗装専門店の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
中古車情報誌でおなじみカーセンサー簡単ネット一括車査定


※一般的に車の修理代は高いのでキズやヘコミを直してから売るよりも直さずに売ったほうがお得になります。

愛車の売却を考えているが毎日忙しく査定額をディーラーや中古車販売店に聞きに行くのがめんどくさい!

そんな時は中古車情報誌で有名な「カーセンサー簡単ネット査定」が楽!

そう!最近はネットから査定を申し込んで車を売る人が続出!こんな時代になりました!

ネット上でメーカーや車種情報を入力するだけであなたの街の買取店へ一括査定のお申込みが可能!

複数の買取店の見積もりを比較して、1番高い査定価格で買い取ってもらえるのが特徴です!

買ったお店やディーラーに下取りに出すよりも買取価格がUPすると評判!

基本的にネットからの一括査定の申込みは買取店さん側も複数比較することを理解しているので無理な営業もしてこないので安心です。
無料査定のお申込みはこちら

ライター紹介 ライター一覧

代表 小林

代表 小林

この道20年!長野県千曲市雨宮にあるY’sボディー・自動車鈑金塗装専門店、代表小林が記事を書いてます。

コメント

  1. isamu takamatu より:

    いつも大変お世話になっております。

    昔のスポーツタイプの車には、内装が黒一色仕様が多く有りましたね。

    私も内装が黒い方が好きです。

    今回Aピラーだけ黒にしましたが、白色系よりなぜか落ち着いて交換して正解でした。

    意識して対向車など見ていると、圧倒的に白系が多いですね。

    今年も、社長さん、工場長さんには大変お世話になりました。

    来年も宜しくお願いします。

    1. 代表 小林 店主 より:

      isamu takamatuさん
      こちらこそいつもありがとうございます。

      黒系は高級感もでますね。
      運転していて視界に映るのがAピラーですから交換した実感も湧きますね〜

      今年もお役に立てて光栄です。
      来年もよろしくお願いします。

コメントを残す

*

他の関連記事も見てみる

  • 【スバル】 TT2 サンバートラック フロントバンパー取り外し方

  • 【スバル】BR9 レガシィ リヤバンパー取り外し方

  • 【スバル】GJ7 インプレッサ フロントバンパー取り外し方