外板パネル鈑金

TOYOTA GRS180クラウン 左の内輪差でぶつけた修理

投稿日:

TOYOTA GRS180クラウン

修理で入庫率が最も高いのが左へハンドルを切ったときに内輪差でぶつけてしまう後ろホイールの前付近です。

損傷パネルは

  • 左リアドア
  • 左タイヤハウス
  • 左サイドステップ

サイドステップは取替となりその他は修理です。

それでは修理のビフォー・アフターを見ていきましょう!

左の内輪差でぶつけてしまった箇所の損傷確認

TOYOTA GRS180クラウン板金修理

▲サイドステップは樹脂製なので取り外し後に隠れている箇所を確認する必要があります。

 

TOYOTA GRS180クラウン板金修理

TOYOTA GRS180クラウン板金修理

▲左ドア裏側にも損傷が及んでいます。

 

TOYOTA GRS180クラウン板金修理

▲こちらがサイドステップで隠れていた箇所。

しっかりと確認してから正規のお見積りの提案をいたします。

 

TOYOTA GRS180クラウン板金修理

▲損傷範囲は比較的狭いですが損傷によるダメージは大きな方なので簡単には直りません。

 

Y’sボディー流 鈑金修理

TOYOTA GRS180クラウン板金修理

▲ヘコミを鈑金してできるだけ元の状態へ復元をします。

これが鈑金です。

 

TOYOTA GRS180クラウン板金修理

▲ドア裏も同様に。

 

TOYOTA GRS180クラウン板金修理

▲ステップ部分は複数枚の鋼板が重なる箇所なので修理する前に修理計画を立てて完成までのイメージをします。

職人の経験や腕そして技の引き出しが仕上がりを左右します。

 

鈑金後は下地を整える

TOYOTA GRS180クラウン鈑金塗装

▲鈑金後、細かな凹凸をパテで成形し下地のサフェーサーを塗装します。

 

TOYOTA GRS180クラウン鈑金塗装

▲サフェーサーを平滑に研磨して本塗装へ移ります。

 

TOYOTA GRS180クラウン鈑金塗装

▲パネルが折り重なるつなぎ目は専用シーラーで防錆。

サビの発生を防ぎます。

 

修理が完成!

TOYOTA GRS180クラウン修理完成

TOYOTA GRS180クラウン修理完成

▲完成です!

丁寧な仕事をすることは自己満足ではなく当店のスタンダードです。

誰が作業をしても一定の品質になるように自社で「Y’sボディー品質」と言う項目を掲げています。

平均よりも高い水準で修理ができることで価格を抑えた修理の提案や期待以上の仕上がりが可能となっております。

また代表自ら若手への技術継承にも力を入れています。

もしものときはご相談ください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

代表 小林

この道22年!長野県千曲市雨宮にある自動車鈑金塗装専門店Y’sボディー代表小林が記事を書いてます。

-外板パネル鈑金
-

Copyright© Y’sボディーブログ|長野県千曲市の自動車鈑金塗装専門店 , 2019 All Rights Reserved.