HP・SNS情報

板金塗装業として考えるSNSについて

板金塗装業として考えるSNSについて

※ここでお伝えしている内容は僕が運営するオンラインサロン「鈑金塗装 研究室」で投稿した一部です。

【SNSについて】

SNSってなんやねん?

SNSとは、

ソーシャル・ネットワーキング・サービスの略。
ソーシャル(社会的な)ネットワーキング(繋がり)を提供するサービス、このような意味になります。

 

【皆様もご存知♪代表的なSNSはこちら】

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • LINE

こちらのSNSをライフスタイルに取り入れている人は必ずいると言っても過言ではございません。

なぜならSNSは国民の4人に3人が使っているからです。

そんな僕もSNSをフル活用している1人です☺

SNSの活用としては「見る専門」「情報を発信する側」に分かれます。

いずれにせよ見る専門でもSNSを活用していることには間違いありません。

今から約10年前SNSが出始めの頃は10代~20代の若者が多く活用していました。

現在は50代や60代の方たちも普通にSNSを使っている時代です。

ですからSNSを活用すれば全年齢の方たちへアプローチできると思ってください。

 

【SNSからの購買行動データー】

これだけSNSで情報があふれる時代ですから、

「SNSを見てお店に行ったり、購買したことがありますか?」

この質問に対して、

80%の人がお店に行ったり、購買したと答えたというデーターがあります。

僕も最近では鈑金塗装関連の道具など使っている人のSNSを見て買ったりすることがほとんどですね。

飲食店に行くにも

「インスタを見て美味しそうな料理だなと」

認識して行くことも増えました。

ラーメンは画像を見ただけで何系のジャンルか分かるので、すごく便利に活用できますよね🍜

このように現代人は自然とSNSで情報収集して行動へ移します。

ですから最近ではSNSは「ライフスタイルアプリ」とも呼ばれてきました。

 

【SNSから情報収集される主な業種】

  • ファッション
  • 飲食
  • 美容
  • インテリア
  • 旅行

こちらの業種はSNSから情報収集して購買される主な業種です。

しかし見かたを変えれば激戦区な業種とも言えます。

僕は鈑金塗装業界のSNSを色々とリサーチしておりますが集客目的に活用しているお店や、メーカーさんが自社商品をSNSで情報発信しているところがほとんど無いのでまだまだチャンスが沢山あります!

っていうかチャンスだらけです😍

 

【SNSは情報のスピードを加速させた】

数年前だと、

  1. 新商品の取材を受ける。
  2. 雑誌社が取材記事をまとめる。
  3. 雑誌の発売日が決まる。
  4. ユーザーは書店へ行く。
  5. 雑誌を読んで情報を知る。
  6. それを知り合いや友達に伝える。
  7. その人がまた違う人へ伝える。

このように新しい情報は知るまでにかなりの時間がかかりました。
現在は、

  1. SNSで投稿する。
  2. SNSで知る。

これだけです。

しかもSNSはシェア機能などの拡散性があるのため多くの人へ情報を届けるスピードは限りなく早くなりました。

 

【SNSによって鈑金塗装の道具や材料の購買行動が変わった】

▼続きはオンラインサロン「鈑金塗装 研究室」で学びましょう!

楽しみながら仕事と人生の質を高める! Y'sボディー代表小林が運営するオンラインサロン 「鈑金塗装 研究室」
Y'sボディー代表小林オンラインサロン「鈑金塗装 研究室」

Y'sボディー代表小林が運営するオンラインサロン「鈑金塗装 研究室」参加者募集のお知らせです。 Y'sボディー代表小林が教える、鈑金技術講習生様限定で2019年9月から運営をしているFacebook秘 ...

続きを見る

-HP・SNS情報
-

© 2020 Y’sボディーブログ|長野県千曲市の自動車鈑金塗装専門店