塗装関連 スプレーガン

アネスト岩田 極み RTクリヤースプレーガン KIWAMI-1-16B12

アネスト岩田スプレーガン 極み RTクリヤー KIWAMI-1-16B12 無希釈・ハイソリッドクリヤーに最適!

アネスト岩田の無希釈ハイソリッドクリヤー用スプレーガン「極みRTクリヤー」のご紹介です。

このRTシリーズは紫色のキャップが目印ですがスプレーガンのタイプは2種類あります。

  • ベース用:極みRT
  • クリヤー用:極みRTクリヤー(この記事でご紹介)
  • ベース用の特長は高難度塗色・カラークリヤー・ガンメタ・パールに適応。
  • クリヤー用の特長は無希釈クリヤー・高粘度クリヤーに最適です。

またスプレーガンの形が一緒なので視覚で区別しづらいですがパターン・エアー圧調整のキャップの色が違うのと、グリップ部分にRT・RTクリヤーと印字がされています。

最近はこちらの2機種をメインに使うことが多いです。

それでは極みRTクリヤースプレーガンのレビューを見ていきましょう!

 

【スペック】極みRTクリヤー KIWAMI-1-16B12

画像出典元:アネスト岩田KIWAMI

形式 KIWAMI-1-16B12
ノズル口径Φ㎜ 1.6
吹付空気圧力MPa 0.18
空気使用量L/min 220
塗料噴出量ml/min 155
パタン開き㎜ 275
空気キャップ形式 B12
吹付距離㎜ 200
質量g 290

カタログPDF

 

【特長】極みRTクリヤー

極みRTクリヤー エアーキャップ

アネスト岩田 極みRTクリヤー エアーキャップ内

ノズル口径1.6が今までのサイドカップスプレーガンと違うところです。(通常1.4)

エアー圧の最適値が0.18Mpa(通常0.2Mpa)なので多少、少ないエアー圧でもしっかりと微粒化、そして安定感があります。

また高粘度塗料でも微粒化するので水性塗料にも対応しています。

 

スプレーガン選択表

▲こちらの表を参考にするとクリヤーに対するスプレーガンの選択が分かりやすいです。

RTクリヤーは2:1などシンナー希釈率が少なく、硬化剤比率が多い左下に位置しています。

 

【セッティングデーター】極みRTクリヤー

  • パターン幅:全開から1/4締め、または全開
  • 吐出量:全閉から2回転半~3回転開け
  • 手元圧力:0.18Mpa
  • スプレーガン距離:約15cm

※環境、個人差があるので参考程度にお考えください。

 

実際の塗装風景

▲極みRTクリヤーを初めて使ったときの投稿です。

 

▲バンパー塗装には最適です。

ベース・クリヤー共にRTシリーズを使用。

 

▲こちらもバンパー塗装ですね。

 

▲こちらはフェラーリ430スクーデリアのクリヤー塗装に極みRTクリヤーを使いました。

画像の間に動画も挟んであるのでよろしければ御覧ください。

 

まとめ

外資系に限らずハイソリッドクリヤーを使っている方なら使用感を実感できると思います。

特に高粘度、無希釈クリヤーに最適です。

アネスト岩田の通常モデルのクリヤー用スプレーガンも所有していますが最近はほとんど極みRTクリヤーで塗装しています。

RTシリーズはベース・クリヤー共に精度が良く僕の塗装環境に大変活躍してくれるスプレーガンです。

少しでもあなたの塗装ライフの参考になれば幸いです☺

▲RTベース用

▲RTクリヤー用

-塗装関連, スプレーガン
-