鈑金塗装

TOYOTAマークX 左ドアミラーの経年劣化による色はがれを修理塗装

投稿日:2017年12月2日 更新日:

ホームjページからマークX入庫
代表 小林
長野県千曲市雨宮のY’sボディー自動車鈑金塗装専門店、代表小林です。

今回ご紹介のマークXオーナーさんですが

Y’sボディーホームページを見てご入庫いただきました。

当店を選んでいただきありがとう御座います!

ホームページ見てご来店くださる方々は本当に良い人ばかりです。

それでは自分の愛車がどうのように修理されていくのか?

細かな工程は省いていますが分かりやすく修理工程をまとめてみました。

それでは見ていきましょう!

PS:修理工程ブログはオーナーさん方々から大変ご好評いただいてます!

マークX 左ドアミラーの修理塗装

マークX左ドアミラー修理塗装

▲修理するのは左(助手席側)ドアミラー。

 

マークXドアミラー色はがれ

▲修理箇所はこちら!

ドアミラーの取付部の三角形の箇所の部分の塗装がはがれてきてます。

 

マークXドアミラー色はがれ

▲アップで見てみましょう!

この原因として考えられるのは新車時の塗装の質や密着力があまり良くないため紫外線を浴びることで塗膜が経年劣化をおこし色がはがれてくると考えられます。

ドアミラーを取り付けた状態だと修理できませんのでまずはドアミラーを取り外す作業から行っていきます。

 

内張りを外します

マークX左内張り取り外し

▲ドアミラーは内張り(ドアトリム)を取り外さないと外れません。

先ずは内張りの取り外しからです。

 

マークX 左フロント内張り取り外し後

▲内張り取り外し後です。

 

ドアミラー取り外し後

▲ドアミラーを外すと砂汚れが付着していますので綺麗に清掃します。

 

▲清掃後です。

 

ドアミラー分解

マークX ドアミラー分解

▲取り外したドアミラーを分解します。(一部ドアトリムの部品もあります)

そうすることで色がはがれていた三角形の部分が分離します。

ここまで分解しないと下地処理ができないので分解する必要があるのです。

 

下地処理

マークXドアミラー色ハガレの修理

▲こちらが色がはがれていた三角形のパーツ。

経年劣化したダメな塗膜をサンドペーパーで取り除き素地をむき出しにします。

 

サフェーサー塗装

マークX ドアミラー下地処理サフェーサー

▲素地の部分にサフェーサーという下地塗装をします。

サフェーサーの役割

  • 下地を紫外線から守る
  • 上塗り塗料の密着性の向上
  • 水分の浸透を防ぐ(上塗りのベースとクリヤーは水を通しやすい)
  • 塗装面に平滑感がでるので品質向上する

 

マークXドアミラー サフェーサー塗装後

▲サフェーサー塗装後です。しっかり乾燥させます。

 

サフェーサー研磨

マークX 左ドアミラーサフェーサー研磨後

▲乾燥させたらサンドペーパーをかけて表面を平滑にします。

そして塗装をします。

 

塗装後

マークXドラミラー塗装後

▲塗装しました。

TOYOTAマークXのこの色は3コートパールと呼ばれている色です。

「カラー番号は062 ホワイトパールクリスタルシャイン」

 

マークXドラミラー塗装後

▲なぜ3コートかと言いますとサフェーサーの上に

  1. ホワイトコート
  2. パールコート
  3. クリヤーコート

こちらの3工程で塗膜が形成されているので3コートパールと呼ばれています。

※車の補修塗装の中でも2コートで塗装できる色に比べ割高になります。

 

マークXドラミラー塗装後 乾燥

▲塗装後にカーボンヒーターで強制乾燥させ塗膜性能を向上させます。

 

シーテック バッテリーチャージャー

▲ここでちょっと番外編!

愛車をお預かり中にバッテリーが弱くなっている場合が多々あります。

そんな時は小型高性能CTEK(シーテック)バッテリーチャージャーで充電しています。

※お預かり中の充電はサービスで行っています。

 

シーテック充電器でバッテリーをサービス充電

▲使い方は簡単!100V電源につないでバッテリー端子につなぐだけでOK!

 

シーテック充電器でバッテリーをサービス充電

▲バッテリーが弱いと赤矢印の表示(少ない)になります。

フル充電すると青矢印の位置(満タン)にランプが点灯します。

一晩充電すれば満タンになります。

▼CTEKバッテリーチャージャーについてはこちらの記事で詳しく説明してます。

シーテック js7002
CTEKシーテックバッテリー充電器は小型高性能でおすすめ!

世界特許・8ステップ充電! CTEK バッテリーチャージャーは小型で優れた車やバイクのバッテーリー充電器です。 世界の各カーメーカー・バイクメーカーへOEM供給もしておりバッテリーの充電やメンテナンス ...

続きを見る

 

完成!

▲塗装したミラーを元通りに組み立てて取り付けて完成!(内張り等も)

車内清掃と洗車は修理でお預かりする車はサービスで行っています。

 

マークXドラミラー色剥がれ修理塗装完成

▲納車前の画像

 

マークXドラミラー色剥がれ修理塗装完成

▲高品質なクリヤー塗装をしているので以前のように経年劣化で色がはがれてくることはありません。

 

マークXドラミラー色剥がれ修理塗装完成

▲綺麗になりました☺

 

ビフォー

マークXドアミラー色はがれ

 

アフター

マークXドラミラー色剥がれ修理塗装完成

 

 

お引き取りは時間外でも対応OK!

▲納車の時間帯は営業時間外でも対応しています。

お気軽にお申し付けください。

仕上がりを見ていただきご納得いただき笑顔をいただけたら納車になります。

※また今後の改善になりますので仕上がりにご納得いただけない場合は気にせずに言ってください。

(物理的・技術的に不可能な事もありますのでその場合はご説明させていただきます)

 

まとめ

代表 小林
ドアミラーの小さなパーツを塗装するにも鈑金塗装の工程は沢山あります。

決して安くない買い物(むしろ高い買い物)ですので愛車の修理の選択には迷うと思います。

Y’sボディーは鈑金塗装を専門としているのでもしものときはご相談ください。

この度はY’sボディーを選んでいただきありがとう御座いました!

Y’sボディーホームページはこちら

 

Y’sボディー公式Facebookページ


このブログを書く前に予告編として投稿したFacebookページです。

ブログの更新状況やブログ以外のお知らせも投稿しています。

Y’sボディーFacebookページもよろしくおねがいします。

 

Y’sボディーへ2回目の修理依頼

▼同じ車です。バンパー修理塗装をさせて頂いた記事はこちらです。

マークXフロントバンパー修理
TOYOTAマークXフロントバンパーを脱着して修理塗装しました

代表 小林長野県千曲市雨宮Y’sボディー自動車鈑金塗装専門店の代表小林です。 マークXのバンパー修理の模様をお伝えします。 実はオーナーさん、以前に左のドアミラー経年劣化の修理塗装でY’sボディーをご ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

代表 小林

この道22年!長野県千曲市雨宮にある自動車鈑金塗装専門店、Y’sボディー代表小林が記事を書いてます。

-鈑金塗装
-

Copyright© Y’sボディーブログ|長野県千曲市の自動車鈑金塗装専門店 , 2018 All Rights Reserved.