安全靴

静電靴は体に帯びた静電気対策に効果絶大!鈑金塗装仕事の必須アイテム!

鈑金塗装仕事の必須アイテム! 静電靴  体に帯びた静電気対策に効果絶大!
代表 小林
冬場は静電気が発生しやすいですが鈑金塗装の仕事は年中静電気に色々と悩ませれます。
  • 例えばパテ研ぎ中にパチン!
  • 車に触る時にパチン!
  • 塗装のときの静電気対策など!

この静電気によるストレスって結構負担になりますよね?

そのストレスを軽減させるアイテムが静電靴です。

この静電靴を履いて仕事をするようになってから冬場のバテ研ぎ中にパチン!っとなることがほぼ無くなりました。

車のドアノブを触るときはビビりながら触ることは無くなりノンストレスです。

また塗装時に静電気によるホコリの付着もかなり減りました。

そこで静電靴を調べてみると沢山のラインナップがあってどれを購入してよいのか迷うと思います。

なので僕が履いているこちらの2つの静電靴をご紹介いたします。

ちなみに僕は鈑金~塗装まで全ての工程を作業しているので、鈑金と塗装は別々の静電靴を履いています。

それではその2種類の静電靴を見ていきましょう!

 

鈑金作業には「MIZUNOミズノ安全靴 静電気帯電防止モデルF1GA200209」

鈑金作業には「MIZUNOミズノ安全靴 静電気帯電防止モデルF1GA200209」

▲約1年間使用

鈑金作業には「MIZUNOミズノ安全靴 静電気帯電防止モデルF1GA200209」

▲約1年間使用

鈑金作業には足のつま先保護を目的とするのでミズノ安全靴の静電気帯電防止モデルを履いています。

通常の安全靴と安全靴の静電気帯電防止タイプの履き心地もほぼ一緒です。

昔のような無コツで重たい安全靴とは全く違い、スポーツシューズに近い感覚の履き心地です。

現在の安全靴先端は鉄製のモノはほとんど無く、ミズノは先芯(さきしん)つま先を保護するために樹脂製先芯を使用しています。

ディアドラ・アシックスなど複数メーカーを履いてきましたが僕にはミズノの安全靴が一番足に合っているのでお気に入りです。

こちらの静電靴は購入後履いてから約1年経過していますが耐久性も凄く良いのでまだまだ全然履けますね。

ミズノ静電靴 公式HPはこちら

 

塗装作業には「XEBECジーベック  85805 静電スポーツシューズ 先芯なし 」

塗装作業には「XEBECジーベック  85805 静電スポーツシューズ 先芯なし 」

▲約1年間使用

塗装作業には「XEBECジーベック  85805 静電スポーツシューズ 先芯なし 」

▲約1年間使用

塗装作業は鈑金作業とは違い、つま先に先芯が入っていない軽量タイプを使っています。

メーカーは作業着などで有名なXEBEC(ジーベック)

価格もミズノの安全靴帯電防止タイプよりも安価です。

塗装作業は靴に汚れが付着しやすいデメリットがあるので比較的安価な静電靴のほうが良いですね。

動きやすさも重視したいので先芯なしスポーツシューズをチョイスしています。

ジーベック公式HPはこちら

 

まとめ

このように僕は鈑金作業と塗装作業と分けて静電靴を履いています。

約1年ほど前に静電靴を知りましたが、もっと早く知っていればと後悔するぐらい静電気対策には絶大は効果を発揮します。

なので今後もずっと静電靴で仕事をしていきます。

あなたの静電気対策の参考になれば幸いです☺

いざという時の自動車保険。

保険加入後、長年放置していませんか?

補償内容を見直すと保険料が安くなるケースが多々あります。

そんな時は複数の保険会社を一度に比較できる無料一括見積もりが便利です。

無駄な補償内容の見直し

【無料】車の保険一括見積り

月々の負担額を減らしませんか?

-安全靴