鈑金塗装の仕事

鈑金技術は理論を勉強し設備や工具を使い腕を上げるのが近道

投稿日:2018年10月23日 更新日:

自動車鈑金塗装は目的を決め設備,工具を使いこなし腕を磨き大きなヘコミを直す!
代表 小林
どうも!

長野県千曲市雨宮(アメノミヤ)にある自動車鈑金塗装専門店 Y'sボディー代表小林です。

僕はこんな雇用理論を持っています。

「引退するまでに何人のエンジニアを育てられるか!?」

僕はこの業界に入り22年ほど経ちますが沢山の人を見てきて「どんな人が上手くなり」「どんな人が成長しないのか」が少し分かってきました。

この記事のタイトルに書いたように鈑金塗装の技術を覚える過程を簡単に説明してみたいと思います。

※特にこれから鈑金技術を覚えたい方は参考にしてみてください。

鈑金塗装の技術を覚える過程とは?

①まずはじめに目的を持つ

例えばフレーム修正~塗装まで修理に関する全ての工程を覚えたい。

自分の車を全塗装したい。なんでも良いので目的を持ちましょう!

その目的には強い強い強い気持ちがなければ技術は習得できません。

 

②気持ちが決まれば次は勉強です

スポーツもなんでもそうですがルールがありますよね?

先ずは基礎を学習するために勉強して専門的な事を覚える必要があります。

それと車が直る(直す)工程にはちゃんとした理論があります。

 

③そして設備や工具が無いと車は直りません

感覚だけで直せる時代は終わりました。

これは記事後半の動画を見てもらえば理解できると思います。

 

④次に必要となるのが腕です

これは練習するしかありません。

「腕が良いね~~」っと言われるようになるにはこれらの工程を経ることが1番の近道です。

まとめると先ずは気持ち!そして勉強!その上に設備や環境!あとはひたすら練習!この順番が重要だと僕は考えます。

 

Y'sボディー代表小林流の技術継承中

▲当店のFacebookページです。

たまに日常の出来事をお届けしてます。

↓書いてある文章はこちらです↓

当店の一級自動車整備士 新卒スタッフさんにヤスリハンマーを使ったハンマリングのプチ講習を行いました。(ヘコミの直し方)

プチ講習と言っても通常業務のスキマ時間の30分ほどです。

たまたま平成9年式のフェンダーの廃材がありましたのでそれを使い基本的なオンドリーを教えました。

ハンマリングは経験と熟練の技術が必要です。
また現代の鋼板は叩くと直ぐに伸びてしまうのでハンマリングで直すケースはほとんどありません。

これから「ヘコミを直す鈑金技術」を覚えるスタッフさんにどうやって教えるか悩んでいますが僕の経験と頭の中にある理論や情報を整理して「Y'sボディー代表小林流ハイブリッド式」の鈑金技術を教えていく予定です。

By・お客様に喜んでもらえて稼げる鈑金塗装技術者育ててます!I LOVE鈑金塗装 代表小林

これから鈑金を覚えるにはハンマリングは難易度が高いです。

ですから上記で説明した「技術を覚える過程」ができれば「Y'sボディー代表小林流ハイブリッド式」を教えていきます。

それと僕は鈑金に限らずフレーム修正~塗装まで教えるスタイルです。

 

設備,工具はメーカーさんに聞くのが1番

▲これも当店Facebookページ。

この投稿にはコメントもいただいているので見た方はFacebookページに飛んでください。

↓書いてある文章はこちらです↓

先日、鈑金機材メーカーのスターさんが新発売ミラクルプーラーのデモでお越しくださいました。

何の機械かと言いますと鈑金塗装業の方でしたらご存知のスタッド溶接機に取り付けるアタッチメントです。

ヘコミを直すときにスタッド溶接機を使う場面は非常に沢山あります。

それにもかかわらず近年各メーカーからラインナップされているスタッド溶接機はほとんどアップデートされていません。

今回のデモは非常に勉強になり良い未来を想像させてもらうことができました。

三方良し目指して今日も仕事します!

By・I LOVE鈑金塗装 代表小林

※食い入るように見ているスタッフさん。

設備や工具は人によって評価が違います。

僕の場合は「あの設備、工具は良くないよ~」っと聞くことが多々あります。

このスター社製ミラクルプーラーもその1つ!

実際にデモを見せてもらったけど理論に基づいた良い道具じゃん!

誰だよ変な噂を僕の耳に入れたのは~~~(怒)

そんなミラクルシステムを使った動画がありますのでどうぞご覧ください。

 

【動画】スター社製ミラクルシステムで大きなヘコミを直す

▲ミラクルシステムを使って直してます。

どうやらヨーロッパではかなりのシェアがあるみたいです。

 

 

▲こちらもミラクルシステムの動画

お気づきの方もいると思いますが当て盤とハンマーを使ったハンマリングで直していないのがお分かりいただけると思います。

 

まとめ

車のヘコミが直るには理論があるようにそれを理解していないといくら良い工具を使っても直せません。

それともう1つ付け加えると上記で説明したように気持ち・理論・設備工具・腕、これらがなければこのような大きなヘコミも直りません。

ヘコミを直すというゴールは一緒ですが人それぞれ道は違います。

鈑金技術者は皆、独自の技を持っています。

あなたが目指す修理方法とその先にあるゴールは何ですか?

若い方がこれから鈑金技術を覚える参考になれば幸いです。

  • この記事を書いた人

代表 小林

この道22年!長野県千曲市雨宮にある自動車鈑金塗装専門店、Y’sボディー代表小林が記事を書いてます。

-鈑金塗装の仕事

Copyright© Y’sボディーブログ|長野県千曲市の自動車鈑金塗装専門店 , 2018 All Rights Reserved.